banner

志乃崎のそばとだし

志乃崎の蕎麦は、長野県の戸隠そば本舗のそば粉を使用しています。そばの実を削って、中心部分のみを使った更科そば又、うどんもすべて朝打ち麺を使用しています。

蕎麦は体に良いと言われます。それは蕎麦の中に含まれるルチンがビタミンCと一緒になり、毛細血管を強くする働きがありま

外国では1日に50mgのルチンを摂取すれば、脳溢血などを防げると言われています。そのルチンが蕎麦1グラムに2mg含まれ、1日25gのそば粉、つまり、ざるそばを1日1杯食べれば良いのです。

そば湯には、そばの栄養素が多く溶け込んでいます。ビタミンB1・B2が多く含まれ、ルチンによって血管に弾力性を与え、血圧をコントロールします。高血圧や脳卒中などの予防に役立ちます。

また、そば湯に含まれる良質のたんぱく質ナイアシン、コリンが肝臓を保護するとともに解毒作用があり、アルコールの分解を早めます。お酒を飲まれた後には、そばとそば湯をお薦めします。江戸時代、お酒を飲むところは、蕎麦屋でした。理にかなった組み合わせですね。ぜひ、ざるそばを召し上がった後には、残ったそばつゆを、栄養バツグンのそば湯で割ってお飲みいただくと、美味しく召し上がれます。

Copyright(c) 2010 京そば処志乃崎/すし処花瀬 All Rights Reserved.